Work

就活生必読!エントリーシートから透けて見えるものとは

在宅ワーク叶わず、オフィスに行ったよ〜の大垣人でございますぅ。
今日は一つの矛盾した行動を取ったので、まずそれから。

お昼ごはん。最近はおにぎりとかどらやき(!)とかで済ませていたのですが、今日は別。
なぜか、もう少し普通に食事を摂りたくなったので、牛丼の吉野家へ。
大垣人は牛丼より豚丼派。なので、吉野家よりも松屋派なんです。

それ自体がすでにイレギュラー。良いんですけど。
お店はランチのピークアワー真っ只中。でも回転が早いので、座れる。
とりあえず、牛丼。並。つゆだくだのなにもなく、ノーマル。それほど拘りなし。

丼物の単品じゃ、と思って、お兄さんに牛丼頼んだついでに、慌てて、豚汁注文。
その瞬間は気づかなかったけど、「牛肉」頼んでおいて、「豚肉」の汁物。どんだけ肉に飢えてるんだ?
大垣人はオチャメじゃん、みたいな(おいおい)。

こういう矛盾した行動、してます?味音痴であるがゆえの奇行ですな(苦笑)。

で、本題。今日は是非、就活生の皆さんに読んでもらいたいな、と思うエントリーでございます。
午後から出社した理由となる、新卒採用のお手伝い。また、です。
見る目がない大垣人が選んで良いものか。。。

本日のイベントはGD。グループディスカッション。7名のグループを担当。
普段は、エントリーシートをさらっと目を通して、あとは流れを見守るようにしてました。
今日は、作戦(?)変更。普段と同じじゃ、「時間がただ流れるだけ」ですからね。


20180208_1

なので、今日はちゃんとエントリーシートを読み込みました。読み込んだ、というのは読んで「仮設を立てた」ということ。
エントリーシートを読みながら、写真で見る顔つき、学歴、そして記述欄をみて、キャラクターを想像するんです。
7人のうち、事前にリーダーになりそうな学生、全体の調子に合わせそうな学生、後から主張してきそうな学生と選択。

リーダー候補に2名、合わせる学生に3名、後から主張に1名、そして「?」を2名選択。
リーダー候補はさらに番号を#1、#2とつけてみました。これは#1がリーダーシップを取らなければ、#2がするかな、という想定。
「?」は単純に色んなタイプに解釈できそうだなと思ったのでフリーにしておきました。

で、学生の皆さんご入場。大垣人に挨拶する人、しない人、まちまち。自己紹介を促されると、GD慣れしてないのか、名前だけ言って終わり。
しょうがないので、大垣人が多少気持ちが和らぐように合いの手を入れてみる。
自己紹介では案の定(!)、リーダー候補#1が口火を切り、かつ一番話す量が多かった。

GDは1時間ほどの予定で終わるんですけど、大垣人の仮設の検証はほぼ10分で終わりました(笑)。
結論はドンピシャ。
リーダー候補#1が全てを仕切り、自分の意見を中心にまとめていきました。リーダー候補#2が補佐的立場で促進してました。

あと後から主張してきそうな学生も、予想通りの動き。途中であまりにもハマるので、笑いがこみ上げてきたほど(笑)。
余裕ができたこともあり「?」のついていた学生を中心に表情や視線の送る先、発言内容のみならずどのタイミングで指してくるか注視。
その学生は良い意味で予想外の動きをしてくれました。#1が主張することに一人もう少し別の視点で考えましょう、と議論を促していたし。

たまたま当たっただけなんですけど、でもエントリシートはいろいろと垣間見えるものがあるんだな、と。正直な感想として。

まず、文章力。これは論理性が垣間見えるわな。
各セクションに「以上です」とか書いてあると、勢い良く書いて、スペースが余ったがゆえに、これで終わりですという言葉を入れたくなる。
でも、自分の言葉で伝えるべくフィニッシュが形成されてないということはそこは記述する前に論理的に構成されてないということになる。

アピールの中で出してくるネタも重要。

スペースは限られていて、出せるネタは1つになる。となると、書き手としては一番思いの強いイベントを書くことになる。
しかし、読み手がみたいのは、その学生を客観的に評価できるイベント。長くやっていたとかはどうでもよい。
どちらかというと、一瞬の出来事でも良いので、それを深掘りしてアピールしてくれたほうがよっぽど良い。

活動結果も大事だけど、それ以上に学生さんのマインドがどこにあるのか。どういうったキャラクターなのかを教えてほしいなと。
大垣人の場合、「○人のチームのキャプテン」とかいう事実やその数字の大きさに感心することはあまりない。
キャプテンシーをどう考えたのか・何を学んだかをどのくらい語れるかが重要。そっちに興味ある。

そのあたりを一言でサラッと答えてるのは一見スマートだけど、人間性が見えないので面白みがない。

なのでエントリシートはスペースの制約の中でアピールする必要がある。これは相手のイメージや期待にも影響する。
こう書くと「書類審査をパスするためだけだから。本番はGDや面接で分かってもらえれば」と考える学生も多いかも。
これも違うと思う。

一番大事なことは、エントリーシートを書く過程。準備段階。どれだけ自分を客観視し、自分の過去の棚卸しができるか。
それをどういう形で表現することが相手に最も伝わるかをしっかり時間をかけて検討することだ。
これは結局、論理性を高める訓練にもなり、面接の受け答えで相手に伝わる表現力にも直結することができる。

大垣人が学生だったことは多分今日のGD参加の学生よりも出来が悪かったはず。圧倒的。大垣商業高卒だし。

MBAの時にも確かに今こうして書いている内容の話があったなと記憶している。
でも当時も上手く出来てなかったと思う。
こうやって立場が代わって、観察する側になって痛感しているんです。

「準備が全て」

イチローら有名人の言葉ではないけど。最近のプレゼン準備にしっかり時間をかけているのはその重要性に気づいたから。
早く気づいて行動できることに越したことはない。それが就活で勝ち抜くということになるんでしょう。
自分のエントリーシートを書く(書いた)プロセスを振り返ってみませんか。

そうそうエントリシートの写真が「出来過ぎ」も困ります。”あれ、実物とエラい違いじゃないか”ってなるのは全くの余計。
あとエントリシートの写真がスーツではなくカジュアルで撮影している人がいるけど、時代の流れですかね。

真面目に書きすぎた。こんな(超マイナー&不人気&自己満足系)ブログを就活生が読んでいるわけもないし(爆)。

20180208_2

真面目っていうと、本日のファッション。これも真面目過ぎた。
同僚はカジュアルな格好でGDに来ていたので、それでもいいのかと。
見ているってのは、見られている、ということと同意なので気を使ったつもりなんだけど(笑)。

20180208_3

帰りにルイ・ヴィトンのお店に立ち寄り。ビジネスバッグを見に行きました。
お店の皆さんは、中国人の対応で忙しかったみたい。誰一人声をかけてこず。ビンボー人・大垣人のことをよく知っとるな。
ぐるっと見て回ってくるだけのつもりだったので良いんですけどね。

にしてもバッグ高いな〜。

ってことで明日は金曜日。3連休目前でございます!
では。



ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

就活の学生から考えさせられた・学んだことは?

あい、木曜日終了ぉ〜の大垣人でございますぅ。
2月初日。ああ、2月スタート。雨じゃんね。ってか、不覚にも天気予報をチェックしていませんでした。
運動を兼ねて(?)銀座まで歩いて、その後電車で出勤を目論んだんですけど、諦めました。

なので今日の万歩計の示す実績は「控えめ」でございます。帰りも歩けずでしたし。

今日も仕事としては大したことしてないですが、クライアント様から連絡がありました。
今月からスタートする全国行脚プロジェクト・フェーズ3ですが、
青森、富山、多治見の3ヶ所が確定しました。残り9ヶ所の確定待ちです。

青森ぃ?
富山ぁ?
寒いところばっかだな〜(笑)。ま、どちらも大垣人が行ったことのない場所になりますので良いんですけど。

青森は東北・北海道新幹線。東京駅から新青森駅まで3時間10分。大阪へ行く感覚と同じか。
富山は北陸新幹線。東京駅から長野経由で2時間15分。意外と近いんだね。
いずれにしても寒さ対策は万全にしておかんと。ん?方言対策はどうすんべ?(爆)

今日はリーダーシップについて考えさせられるシーンがいくつもあったのが印象的だった。

20180201_1

新卒採用のお手伝い(相変わらず暇していると人事から狙い撃ちされております)でグループディスカッションの評価に。
様子を見たのは1グループで、お題を与えてチームディスカッション→まとめ→プレゼンに臨んでもらう。
その間、評価者の方で一人ひとり採点すすめていきます。

担当したグループは、ある学生がグイグイ引っ張っていった。今まで見たことないレベルくらいにエネルギッシュ。
他の学生が圧倒されてた。
評価をしながら、同時に、リーダーシップについて考えさせられた。

今日のこの場は1回限りだし、アウトプットをすればよいだけなので、グイグイ引っ張っていけばそれでリーダーシップの形はできる。
しかし、これが日々顔を合わせる現場であった時にどうだろうか、と。
そう、いろんなタイプの管理職とコラボさせていただく全国行脚プロジェクトのシーンと重ね合わせてみたのだ。

リーダーシップって、もっと平たく言うと、人を動かすって難しい。

リーダーというか、上司(管理者)は、言っていることがブレてはいけないし、言っていることが明確で理解されることでなければいけない。
更には、事実にも裏打ちされてないといけない。明確なステップや具体性と伴わないといけない。。。
そういった「そうでなければいけない」ことが多い。

なぜかというと、聞いている側(部下)が納得・共感し、行動へのモチベーション、具体的な考動がイメージできる必要があるからだ。

そして疑問は「どれだけやればいいか」「どこまでやらないといけないか」かな、と。
それを推し量るには、相手の行動に結びついているかどうか、に尽きる。
なので、リーダーシップは個人のそれぞれの状況に合わせて、”向かい合っていくこと”なんだろうな、と。結果が明確に出るまで。

これが、今日のグループディスカッションを見ながら感じた、「リーダーシップとは」の一つの答えだな、と。

なので、スタッフとは毎週1回打合せで話ししてます、とか、上司はあまり部下からの話を聞いてないトップダウン、はリーダーシップではない。
あと、会社からの伝達事項を一方的に伝えているような「総務屋」的なのも駄目ですね。
良いリーダーの行動は、個々に対して「何をして欲しい」ということと「それはなぜ必要なのか」を明確することがスタート地点。

そしてゴールは結果が出ること。その間は相手が行動できるまで付き合わないことかと。ゴールまで来たらまた別のスタート地点がやってくる。
まさに、スーパーマリオの世界だ(!)。1面をクリアしたら2面がやってくるのだ。

20180201_2

さてここからが問題。全国行脚プロジェクト・フェーズ3はこれをどう仕組みとして埋め込んでいくか、だな。
プロジェクトスタートは215日なのであと2週間ほど猶予があるな。ちょっと考えようっと。

グループディスカッションの学生さんから学ぶことは非常に多かった。1時間30分ほどでしたが非常に有意義かつ勉強になりました。

家に帰ったのは午後7時すぎ。晩御飯は鍋になりました。こんな寒い夜にはもってこい、ですよね。
あっという間に食べちゃいました。口の中火傷した(笑)。
明日は雪の予報ですけど、積もるんですかね〜。寒いし、雪なので(!)大垣人は「在宅」を決め込もうと思ってます。

ファームのOutlookにも「積雪があった時点で在宅勤務」とバナー入れておきました(!)。
では。


ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

若い人たちがクルマを知らないことはイケナイこと?

あい、今日も相変わらず暇な大垣人でございますぅ。
暇なのは自分だけなのに、周りに迷惑をかけてみました(おいおい)。
暇なくせに、やることないのに、ファームのオフィスに行って「鎮座」モード。

迷惑も甚だしいですかね〜。

周りからも、「この人何?」的な。
そりゃそうです、皆PCに向かってパチパチ激しくタイプして何やら打ち込んでいるわけですよ。
あと近くに座っているプロジェクトメンバーに相談したりして数人で1つのPC画面を凝視してたり。

なのに、大垣人は一応PC開けてますけど、それはそこに置いてあるだけ。
横にiPad Proおいて、画面には楽天Kobo。そう、本を読んでいるだけです(!)。
なので、当然ですけど、座って時折iPadの画面を触るだけ。

タイプなんか一切しません。PCは義理堅く(!)置いてあるだけなんですもん(爆)。

夕方にドイツから電話かかってくる。これは仕事。本日唯一の仕事?
久々に話をする相手。もちろん英語。15分くらいですかね。お互いのプロジェクトの状況(暇している近況?)の情報交換。
そしたら、周りからの目線。。。”あれ、この人仕事してんの?それともそれはただの雑談?”的な。

ま、雑談なんですけど<バキッ。だって、向こうから電話してきたんだもん。

雑談といえば、若手コンサルタントの最近のクルマについてすこし話をしました。
やっぱクルマ持ってない人ばかり。
なので、「自動運転」とか「電気自動車」といったキーワードなんかはだいたいイメージできてるのですが、情報は限定的。

TVCMでやっている自動ブレーキくらいは分かるみたいですけど、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」は知らない。
「レーンキーピングアシスト」も知らない。なので、現状の半自動運転のことは知らないし、ましてや自動運転レベル(1〜5)なんて。
クルマの名前ですら…。売れているクルマなんて難問です。

若者の車離れはコンサルタントの知識不足にまで影響を及ぼしていたわ。

あ、いや、若手コンサルタントが無知でダメだ、ということを言っているわけではないんです。
ただ、もう少し世の中の製品のことやトレンドにはもっと敏感になっていて欲しいな、と。
新聞や雑誌を読んでいれば分かるレベルの情報なので。

新聞がペーパーからデジタルに移行している弊害ですかね。新聞とっている人も少ないようですし。
デジタルは簡便ですけど、ピンポイントですよね。自分の知りたいところにポンと降り立つことができる。
でもアナログ(紙)は、そうはいかない。テレビのザッピングみたいに流し見した上で記事を読むことになります。

これ重要だと思ってます。なぜか。それは色んな情報が入ってくるからです。
(あ、暇な大垣人だから色んな情報が吸収できるんでしょ、というご指摘があるのかも)
情報は邪魔にならない。コンサルという仕事柄、知っているだけで武器にもなり得ます(知らないと恥ずかしいという面も)。

多分、こういう動作ができてないんでしょうね。
なのでキーワードの説明はできる。例えば、自動運転そのものは何であるかは説明できる。
でも、そこに到達するまでの変遷をイメージしたり説明できたりすることはちょっとできない。そんな感じです。

なぜかというと、先程言ったように、今の情報が欠如して将来との結びつく情報があまり収集されてない。
新聞や雑誌などがそういう情報が多いと思うんです。専門書よりもその「タイムリーさ」では強いですから。
専門書は1つのトピックを掘り下げるというところでは良いんですが。

これが問題か、というと大したことないです。
でも、ひとつだけ大きな懸念が残るんです。
それは「説明力」に影響します。もっというと、「相手にわかるように説明できる力」に影響します。

聞き手はバックグラウンドもバラバラですし、ライフスタイルや趣味嗜好も当然異なります。
となると、一つのことを説明するのに、それなりのパターンが必要になるはずなんです。
パターンを作るためにはいろんな状況が想定できないといけないですし、表現できるボキャブラリー(ネタ)が必要。

相手の理解を得るためには、概念の説明だけでは不足。具体例が必要。その具体例は1つでは困るということなんです。

でも現状からすると、その説明は概念止まりか具体的な事例のパターンは限られていそうで、怖いです。
それでは相手の理解が深まり辛いなと思うわけです。

これ、単純に「クルマを知らないな」ってことだけの話なんです。
でも同時に、若手の見えているもの・知っているものが断片的なところであることに危機意識を持ちました。
オツムは良いんですよね。皆さん一流大学卒。大垣商業高校卒の大垣人とはレベル、ラベルも段違いですし。

なので結局のところ、先輩である我々、経験あるコンサルタントがちゃんと教えてあげないといけないということ。
知らないことはどこまでいっても気づけません。知らないことは、何かきっかけがないと知り得ないので。

プロジェクトの中でプロジェクトのことだけを教えてちゃ駄目だということです。
どんなところに着眼し、どのように視野を広げ、アウトプットにつなげていく、というサイクルをきちんと示し訓練させないと。
なので、大垣人には「コンサルも働き方改革」って言われると違和感があるんですよね。

これって、まさに「プロジェクトワークの中でのお付き合い(教育・育成)」を促進しているようなもの。
そんなんじゃ、高いコンサルフィーをクライアント様から貰えませんって(!)。
そう、「1時間仕事しますので数万円ください」という”価値”や”重み”を知らないとね。

(この前の若手コンサルタントをディナーコースにご招待したのも、こういった流れに関係します。
特別感に触れたり、行ったことがない場所に行くだけでも違うと思うので…。)

ってことで、夜になって、若手コンサルタントの育成プログラムの講師役をやってきました。
はい、今日でございました。
マクロ経済的な話をしたあと、ミクロ経済的な現場の話をして終わり。2時間ほど。無事終了。

なんか疲れました。ここんところあんまり働いてない(!)ので、2時間喋るだけでエネルギー不足に陥る。
大垣人もそろそろギア上げていかないと、いかんですな。余裕ぶちかましにも程があるかも(苦笑)。
なんていってても、その時が来れば逃げられず、やるんですけどね。

予想より遅い帰宅になっちゃいました。午後10時ちかく。大した仕事してないですけど、こうして帰る時間だけは立派な社会人でして(おいおい)。
とはいえ、MoonFlower様が晩御飯支度して待っててくれました。迷惑をおかけしました。
1品くらい取り上げられたかと思いましたが、そういうこともありませんでした(笑)。

明日は金曜日。花金でございます(死語?)。。。
では。


ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アダルトなライフスタイルを120%満喫中(?)

今日の出勤は大変でした?どうでした?の大垣人でございますぅ。
No commute, no lifeですよね、とにかく会社行ってナンボですもんね、普通は。
普通でない大垣人は反社会勢力の一人とカウントしても良いかもしれません<バキッ。

そうそう、最近完全にdual PC的に仕事するのが快感です。
会社のPCないし、パーソナルユースのメインであるMacBook AirとiPad Proを並べて使用します。
すると画面切り替えとかせず、いろいろちょこちょこ作業が横で(iPad Proで)できて便利なんです。


20180123_1 20180123_2

これ、やはりキーボードをつけて、こういうふうにラップトップ型のように使えるようになった恩恵です。
一応、iPad Proには拡張画面としてPCに接続できる「Duet Display」が導入してありますが、拡張画面より2台PC的のほうが良いです。
仕事でも当然iPad Proは持って行きますから、職場でもクライアント様のオフィスでも同様です。

え?スペースとりすぎだろ?そうかもしれません(汗)。まぁ、生産性重視ってことで。
そうです、コンサルタントはアウトプットできてナンボ、ですっ!(笑)
あと、iPad Proでもう一つ発見したことがあります。youtubeのアプリで再生する中で、TVへの出力ができることを発見。


20180123_3

WiFiで繋がっているからなんだと思いますが、今まではApple TVを噛ませないといけないと思ってました。
便利やわ〜。
ちなみに、TVに出力している番組は、CRM Jewellers Watch Storeの時計評価番組。時計ディーラーの番組ですが、面白いのでよく見てます。

お店はフロリダ州マイアミにあるそうだけど、いつかチャンスがあったら行ってみたい(おいおい)。
テレビ繋がりのネタになりますが、文字通り「後追い再生」となったのがHuluにある「孤独のグルメ」。
シーズン6のエピソードで、この前お邪魔した「羊香味坊 (ヤンシャンアジボウ)」さんをチェック。

おお、たしかに、あの通りだわ(笑):


20180123_4

20180123_5 20180123_6

MoonFlower様と大垣人が座ったのは、入り口横のテーブル。ゴローは奥のテーブルに座ったのね。
ってことで、味の記憶を取り戻すようでなかなか面白い体験ができました。
フツーは、先にこれを見て、リアルなお店にお邪魔するはずなんですけど、今回は逆で。それはそれで楽しいぞ。

え?真面目に仕事したのかって?まぁ、そうですね。
でも会社のOutlook上に「天候や交通事情によっては在宅ワークに切り替え」としていたのを「在宅ワーク」と更新。
会社には足を運びませんでした。だって、足元悪いもん(おいおい)。

ずっと自宅で仕事してました。
明後日の社内講師として2時間(テキトーに)若いコンサルタントに(何かを)教えないといけないのですが、その資料作り。
そればかりだと飽きちゃうので、その間にプロジェクトの準備やら、調べ物をちょいちょい挟む。

お昼ごはんは、この前MoonFlower様に買ってもらった「赤いきつね」。久々に食べたわ。そして仕事継続。
午後1時30分過ぎにすこしペースが落ちてきた。仕事に飽きてきた、といえばいいでしょうか。
外出を決意。食べログ見て、目的地を探す。カフェ巡り、といえばカッコつくかな。要はノマドスタイルなので(おいおい)。

「ストリーマーコーヒーカンパニー」さんにお邪魔してきました。
歩いていった先は茅場町店。東日本橋店も距離的には行けたんですけど、以前から気になってたのは茅場町店。
ちょっとした散歩にも悪くない距離だったかも。


20180123_7 20180123_8

外が見えるガラス際のカウンターに陣取りました。ラテは570円と、大垣人のお小遣いには厳し目の値段設定。
けど、こうしてきれいなラテアートを作ってくれて、さらに”これぞラテ”といえそうな大きなカップで出てくる。
結果からすると、気持ちよく長居できて、ラテの味はなかなか良く、コスパは決して悪ないという評価に落ち着きます。

ガラガラでもなく、激混みしているわけでもなく、塩梅としては丁度いいってのもプラズ材料かな。

仕事は結構捗る。っていっても、大したレベルじゃないです。”思った以上に”ってことにしておきましょう。
所詮、プロジェクトやってない暇なコンサルタントですからね。車で言うとローギアで低速でしか走ってないのと同じ。
その中でもまぁ時間を無駄にしすぎてないという程度のお話です(おいおい)。

まぁそうだよな。今日1日かけて10枚もスライド作ってないですから(ネタ探しのほうが時間取ってるな)。
プロジェクトやってるときはひと晩(だいたい5時間)でスライド50枚くらい準備する時ありますからね。
今がいかに”お遊び”程度なことか(爆)。

でもいいの、いつも突っ走ることはできませんので。

ってことで、ラテ1杯で粘ることウン時間。2時前の入店で、午後6時ちょい前に退店。約4時間の滞在。
え?長い?短い?ノマドスタイルってこんなもん?どうなんでしょ。
今度、他のコンサルタントに聞いてみよ(多分、答えてもらえないだろうけど、暇なのは大垣人くらいなものなので)。

その後も家に戻って作業モード。
晩御飯にしたのは午後8時すぎなので、さらにプラス2時間の作業ですか。まぁ、そんなもんですかね。
晩御飯はコンビニ食。おにぎり、ほうれん草のおひたし、そしてカップ春雨。組み合わせナイス(!)。

そうそう、定期購読の「OCEANS」が到着。3月号。実はこれが購読最終月です。
なぜか、この3月号をもって説明すると簡単です。
「夢あるオッサンの欲しいモノカタログ2018」とあるのですが…、


20180123_9

大垣人的に欲しいものが1つも見つかりませんでした!!!そういうことなんです。
オッサンとして「夢がない」問題なのか、大垣人はこの雑誌のいう「オッサン」から外れているのか。
いずれにしても、アガるものが見つけられず。

ってことで、OCEANSの定期購読はこれまでとします。
来月からは別の雑誌に。何にするかはよく吟味して決定しますので。

あんまりファッションにこだわらなくてもいいかな、と思ってます。だって、大垣人にそもそもファッションセンスが無いので(爆)。

松坂投手がドラゴンズ入りを決めましたね。
というか、それは完全に既定路線であったと思われます。
入団するしないの話ではなく、実際に森監督ほかの首脳陣に今の松坂投手の状態がどう映ったのか。それが気になります。

森監督のコメント「10勝、20勝しろとは言わない。自分がやり尽くすまでここでやってみればいい」とはまた行間が読み辛い。微妙だ。

ドラゴンズにそんな余裕は無いはずだけどな。ドラゴンズはAクラスを目指す戦力整備が課題。
その合間に松坂に登板させる余裕をどう捻出するのか。難しそうだ。先発にこだわるんだろうし。
そのあたり、どうやってバランス取ってやっていくのか、森監督の采配にも注目だ。

もちろん、そのレベルまで松坂投手の状態が上がってくることが大前提だけど。

ニュースと言えはもう1本。
大垣を代表する上場企業といえば、西濃運輸。その西濃運輸を中核企業に据えるセイノーHDが阪急阪神HDと提携するというニュース。
セイノーHDグループ売上が5,000億、阪急阪神HDグループのは7,000億。対等に、とは言えない差がある。

とはいえ、強みの領域が被らない、シナジーを十分創出できる組み合わせ。悪くない提携のケースだ。
ただ、「大垣の有名企業がひとつ無くなる」というのは大垣市民にしてみると少しショッキングなニュースでもある。
物流業ゆえ、スケールを持たないとやっていけない宿命。やむを得ないところではあるけど。

明日からはすごい寒波がやってきて、寒くなるって。

湿った空気が入らないから雪にはならないようだけど、朝は氷点下だって。故郷・大垣顔負けの冷え込みじゃないか(!)。
ってことで、明日も今日と変わらずゆるぅ〜く仕事して過ごしたいと思います(おいおい)。

暇人は暇人らしく。ペースは調整が効くうちは無理しないってことで。
では。



ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ




関連ランキング:コーヒー専門店 | 茅場町駅水天宮前駅人形町駅