Ogaki

地方の銘菓は結局のところ東京でも買える?

1泊2日の帰省モード終わりぃ〜の大垣人でございますぅ。
東京に戻ってきましたぁ。
大垣、吹雪いてきたので(!)。


20180211_1

写真には全然上手く映ってないのですが、雪が振り始めた頃の様子です。
まぁ、一気に積もるような雪ではなかったですけどね。
雪が舞う中、慌てて大垣市街へ。MoonFlower様が「あそこに行かないと大垣に来た意味がない」と言われるところへ。

「金蝶園總本家」さんでもなく、「つちや」さんでもありません。


20180211_2 20180211_3

あい、田中屋せんべい総本家さんへ、またお邪魔しました。今は同級生(POPの写真)が社長をしている銘菓店。
お目当てはいつもの「まつほ」。高いんだよね、これ。しかもこのお菓子は東京では手に入らない。。。
と思ってたら、接客してくれた若い店員さんが「日本橋の高島屋とかにたまにおきます」だそうで(汗)。

そうなると、MF様が大垣に行く理由がなくなることに(!)。

「まつほ」のほかラインナップはせんべいにもかかわらず、バレンタイン・バージョンが出ていたらしく、それもゲット。
あとはMF様のお友達に手土産用だのなんので、せんべい屋で8,000円弱も散財。うわ、使いすぎっ。
こんなところで大垣人の大事なユキチ様が飛んでいくなんて、全くの予想外でございます。


20180211_420180211_5

帰りの新幹線も、岐阜羽島駅から。
雪は夜になっても降り続いてましたよ。明日までは確実に雪って感じ。
3連休最終日まで大垣にいたら、ちょっと危なかったかも知れません。

品川経由で家に戻ってきました。東京も寒いですけど、寒さの質が違いますわ。

そして、さっそくゲットしてきた大垣のスイーツを食べることになりました。


20180211_6 20180211_7

20180211_8 20180211_9

とりあえず、左のを1枚頂いたのですが、予想外にも(!)美味しい。
せんべいにチョコ、というものに対して偏見があったのでしょう(苦笑)。
チョコの甘さと塩が上手くマッチして、味わい深いです。もちろん、せんべいなんですけどね。


ちょうどバレンタインの2月14日まで、松屋銀座に期間限定で出店しているそうです。

ってことで明日は連休最終日ですな。大垣人は散髪に行ってこないと。
仕事は完全封印で(笑)。
あと行きたいカフェがあったのでチェックに行ってくる、かもです。

では。


ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ



関連ランキング:和菓子 | 大垣駅


大垣の喫茶店文化、コーヒー1杯でここまでサービスしてよいのか?

あい、大垣に今年お初でやってきた大垣人でございますぅ。
年末年始の帰省をパスし、2月に入って大垣にやってきました。
大垣に雪が無くてよかった(笑)。


20180210_1

お昼の新幹線で帰省です。
まさか最寄りのJR駅まで猛烈ダッシュになんかなるとは思いませんでしたけど。
しかも、僅差で電車に間に合わず(爆)。でも次の電車には6分後に来たわけで(おいおい)。

なんでダッシュしてたんだ?まぁ、いいけど。変な運動になりましたとな。

ひかり号なので、乗り換え無しで岐阜羽島駅へ。
MF様のご指定銘柄はプレモルでした。
そしてメインはビールではなくって、弁当ですよね!


20180210_2

東京駅構内で駅弁祭りのコーナーがあったので、多くの人で賑わっている省スペースに切り込んでいってゲット。
グランスタはまだ工事中だったこともあり、この催事が多くの人に利用されている構図でもありました。
で、大垣人がゲットしたのは「米沢牛 牛づくし弁当」でございます。


20180210_3 20180210_4

じゃじゃ~ん!豪華。高級弁当でございます。肉、肉、肉っ!
焼肉、サイコロステーキに牛ハンバーグまで。これは贅沢。
ビールを選択したのは正解っ!

次の出張でもこれがゲットできたらな〜。
ちなみに次の新幹線の出張は今月21日に確定済み。


20180210_5

12日の帰省のお供(相棒)は、本物フランク・ミュラー。

お酒飲んで、お腹いっぱいになって、少しウトウトしたら、はい岐阜羽島到着ぅ〜。
MoonFlower様が大垣人以上に寝てた気がしますが。
ってことで、母親に岐阜羽島駅まで迎えに来てもらい、まっすぐ家行かず…ここはやっぱりお茶するということで(笑)。

そうです、この地域の「喫茶店文化」に触れないわけにはいきませんがな。

連れて行ってもらったのは「待夢」さん。”タイム”と読ませるようですね。大垣人はお初のお店。
以前と場所が変わって、大垣市直江町にあります。
文化、と言わせるレベルではないものがそこにありました。驚愕の。


20180210_6 20180210_7

モーニングサービスのメニューが半端なく充実しています。
「和風」「洋風」「ハンバーガー系」「おやつ系」とカテゴリーにさえ別れてました。
これ、全部、コーヒー1杯(390円)で提供してくれるメニューとしては目が回るレベルじゃないですか!

しかも流石「文化レベル」だけあって、提供時間も半端ない。
少し写真では見づらいですが、メニューの右上にある提供時間ですが、「6:00〜18:30」とあります。
そう、まさに朝から晩まで提供されるメニューなのです。

もうモーニングでもなんでもないのだ!

このあたりの地域性ですかね。正に。「お得」「お値打ち」といったことが価値として見出させれる生活感。
これを地でいっている、具体的にサービス化しているのがこのあたりの喫茶店といえるでしょう。
お店のキッチンを預かるのはマスター一人。どれだけ大変なのかな、と心配になるほど。

あとコンサル的には損益分岐点がどのあたりにあるのかも非常に気になりますわ。


20180210_8

肉弁当をほおばった後ということもあり、コーヒー単品でも良かったのですが、周りが迷わずモーニング注文。
大垣人もつられて注文することになりました。
モーニングサービスを午後3時過ぎに注文。

クレープをコーヒーと合わせていただきました(すぐお腹いっぱいになりました)。これで390円。


大垣の喫茶店文化を満喫ぅ〜。

そして実家へ。明日夜には帰京しますけど、とりあえず実家でのんびりする予定。
母親も一人暮らしをしていますが、健康そうでなにより。
夜もまたガッツリ食べることになりましたわ。

20180210_9

海老で始まり、最後は焼肉。昼も夜も肉で、贅沢極まりないっす。
我が家には「プロジェクトに入ってない暇なコンサルに食わせる肉はない」という究極ルールがありますが(!)、本日は例外で。

にしても、大垣は寒いね〜。雪はなくとも、冷えますわ。

では。



ランキングに参加中!是非クリックお願いします。励みになります:
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ





関連ランキング:カフェ | 東大垣駅大垣駅室駅