大垣〜東京:早朝移動と「今頃になって」のお話

あい、大垣から帰ってきたで〜の大垣人でございますぅ。
早朝の大垣脱出劇。
まぁ、予定通りですわ。午前730分には大垣駅。名古屋駅経由で東京に戻ってきましたよん。

名古屋駅の新幹線の改札内にスタバあるんですね〜。初めて知ったわ。
東京都同じ。へぇ〜。
でもTwitterで馴染みの人から「同じ構内にもっと美味しい珈琲店があるよ」だって。へぇ〜x2。

次回こそチェックだわさ。って、名古屋駅の乗り換えってあるようで、意外にないんですよね〜(笑)。


20170927_1 20170927_2

朝の上りの新幹線、結構混んでました。まぁ、午前10時台に東京に滑り込むんですから、混み合うのは当然ですかね。

20170927_3

ちゃんとMoonFlower様へのお土産は忘れずに。
自分の荷物やら仕事道具を忘れても、このお土産だけは忘れるわけにはいかないですよね<バキッ。
一旦自宅に戻って、その後は作業モード。まだまだ溜まってる仕事がいっぱいありまして(おいおい)。少しでも片付けておいて、週末の負担を減らさないと。


20170927_4 20170927_5

そうそう、ネットで注文していた印刷物がたった中1日で配送されてきました。はや〜い!
挨拶状ドットコムさんにお世話になりました。
そう、このはがき印刷をお願いしたんです。

20170927_6

じゃ〜ん。2種類の「引っ越しました」のお知らせハガキが到着しました。
え?引っ越しは昨年12月やないかって?そうですね。そのツッコミは無しでお願いします(汗)。
来年の年賀状を見据えて、そろそろこれを書いて投函しないと(大汗)。

これをみたMoonFlower様に「私も欲しかった」と言われて閉口。
この前、自分で葉書書いて出す、って言ってたのを鵜呑みにしてました。実際にはまだだったみたい。うーん、相変わらず気が利かないワタクシ(汗)。
え?夫婦揃って、まだお知らせできてないのか、というツッコミですか。そうですね(トホホ)。


20170927_7

と思ってたら(何を?)、MF様から田中せんべい総本家さんの「まつほ」1枚分けてもらいました。
MF様のお気に入りだから、遠慮したんですけど、結局頂きました。美味しい。カラメル好きにはたまらんでしょうね。
コーヒーと一緒に大切に頂きました。感謝。

ってことで今週も水曜日まで来ちゃいました。あと2日、作業ペースのギアを上げていかないといかんですわ。
そうでないと、週末作業確定ランプが灯ることに。焦っても仕方ないけど、粛々と進めないと。
では。

お墓参りして、田中屋せんべい総本家さんへ

結局23日にします〜の大垣人でございますぅ。
大垣には明日の水曜日まで滞在。明日、帰京します。
仕事は順調かと言われると、まぁまぁ。よしとしませう(おいおい)。

午後6時30分から2時間の会議も失礼ながら電話で参加。でもそれで十分でした(ホッ)。

朝から実家で仕事。当然ですけど。今日の資料作りはスライド12枚という目標設定でスタート。
それ以外にも大阪への連絡、岡山への連絡、あとクライアント様の部長へのレポート作成。
スライドづくり以外にもいろいろあって、面倒くさい(!)。

そう思っていたら、クライアント様からまた別のリクエストという名の要求があって…明らかに立て込んできました(汗)。

こうやってリモートで居ても、避けられないものってあるな〜と(おいおい)。このまんまでいくと、週末もお仕事確定でございます。
今週はもっとコントロールできるかと思っていたけど、そうでもないみたい。ちょっと苦しいな。
とはいえ、母親に「仕事楽しそうやね」と言われて、やせ我慢モード。

夕方、一旦仕事を中断して、お墓参りに。大垣市藤江町にあるお墓へ。ちゃんと父親が好きだった「崎陽軒のしゅうまい」も買ってきたしね。
ちなみに母親に買ってきたお土産は「ナボナ」。そうです、亀屋万年堂のお菓子でございます。
東京駅で買ったんですけどね。

そして今度は東京に持ち帰るお土産もゲットしておかないと。
ということで、同級生が六代目という「田中屋せんべい総本家」さんに立ち寄りました。大垣市本町。
有名な「みそ入り大垣せんべい」は申し訳ないながらもスルー。まだ歯は大事にしたいので。そして購入したのはこの2点。


20170926_1 20170926_2

「落花せんべい」と「まつほ」。後者はMoonFlower様のお気に入り。これを外すと後がキツいので(おいおい)。
「まつほ」はパッケージをみると「玉穗堂」(たまほどう、と読むらしい)とあるので、あれれ、他店の商品かなと思わせるのですが、大丈夫でした。
どうやら、この田中屋せんべい総本家さんでは玉穗堂という屋号も以前は使用されていたそうなんです。


20170926_3

6代目が作った新商品なようです。へぇ〜、すごいな。大垣人なんか、なんら生み出してないですけど(!)。消費一辺倒だもんな。

ってことで、とりあえず明日、帰京する準備は整いました。
あ、もちろん、この2点以外にも母親がほしいと言ったものも一緒に購入しましたよん。
ちょっと予想外の出費になりましたけど(汗だく)。

母親はこうしてみていると、マイペースに生活しているようで、安心しました。グラウンドゴルフにご熱心なのは相変わらずでよろし。

そうそう、インスタグラムのフォロワーが500名を超えました。続けていたら1,000名なんていくんだろうか。
100いいね、とか集めている人は尊敬します。
大垣人のインスタグラムは
こちら。気が向いたらフォローしてやってください。1日数枚はアップしているかな。

では。

今年は逆バージョン(岐阜→千葉の順で)

毎年、帰省するのは元旦なのですが今年は逆で、の大垣人でございますぅ。
そう、先に大垣に帰りました。
今年は、岐阜が先で千葉が後というパターンになったのです。

夜の新幹線で岐阜羽島へ。
チケットを買うのが遅くなったので、昼間の席は取れず。
席が取れてもグリーン車という有様です。しょうがないんですけど。

20161230_1

席が良いですよね、グリーン車は。フットレストもよろし。
Wedgeは…どっちでも良いです(おいおい)。
明日の大晦日には帰京しちゃうってことで、ちょっと早いお節…。良いでしょ。


20161230_2

こうなると正月が短期間に2回やってくる感じ。これは予想外ではあったけど、意外に良いです。
ってことで、正月を迎える準備は十二分に整いました。
では。

四十九日法要のあとは…(故人を偲んで)ガッツリ

あい、午前10時からお寺で法要、の大垣人でございますぅ。
結局お昼すぎで無事、父親の四十九日法要が終わりました。
3月20日に亡くなってから、いろいろとバタバタしましたが、これで母親も落ち着けますかね。

喪服からドレスダウンして、家族6人で向かった先は岐阜市内。
なぜか、「山本屋本店」。そう、味噌煮込みうどんのお店。
最近は名古屋出張もないですから、味噌煮込みうどんにはあまりありつけてないんですよね。


IMG_3459

IMG_3460

そうそう、これこれ。

IMG_3461

大垣人はフツーで。大盛りを頼んでも良かったけど、消化不良起こしそうだし、無理しませんでした。
夜は焼き肉って決まってたしね(おいおい)。

昼寝してから(!)、今度は、養老の焼肉街道界隈へ。「勝っちゃん」に行って来ました。
名前を書いてから席につくまで1時間くらいでしたかね。すんごい盛況でした。


IMG_3462

これ以上食べられない、というほど飛騨牛をいただいてきましたよん。
前回の「藤太」と比較すると…高い競争にはなりますが、「藤太」がひとつ上か。
今夜も本命はそうだったんですが、午後6時5分に電話したら「本日の受付は終了」という、超人気ぶり。参りました。

実際に「勝っちゃん」に行く途中にあるので、実際に見に行ったのですが、受付終了は事実。
30組以上が受け付けられていましたが、最後の組の人達にはお店からラストオーダーで間に合わないかも、という連絡が。
すげーな、それ。MF様は次回こそは「藤太」の焼肉にありつけるか?(前回は欠席)

それにしても、家族行事としてリッチな食事が続きました。亡き父も楽しんでくれたでしょうか。
明日は東京に戻ります。
では。

13日ぶりに帰京

はいぃ〜、東京に戻ってきたで〜の大垣人でございますぅ。
忌引もほぼ使い果たし、明日から職場復帰でございます
ちゃんと復帰できるかはまだ定かではありませんけど(汗)。

大垣行きのスーツケースに大事にしまったのはこちら。

20160329_1

そ、東京では入手できないご存知「金ちゃんヌードル」。食べ過ぎ厳禁にて、3つのみ入手にとどめています(おいおい)。
あとお供え物の一部を母親からいただきました。

本日は、NHKと中部電力の手続き。
そして、最後に乗っていたクルマの処分となりました。


20160329_2 20160329_3

小さいころのマークIIが一番印象に残っていますが、一時なぜかホンダのアコードにも乗っていましたっけ。
年とってからはメルセデス・ベンツのEクラス乗っていましたね。
いろいろあった後は、この1台。トヨタ・ビスタ。走行距離は確認していませんが、結構いっているはずです。

お世話になった自動車整備会社の営業さんもお参りしていただいて、クルマを引き渡し。

これで、遺品整理とは別に、父親名義のものに関しての大半の処分が終わりました。
クルマに、携帯電話、公共料金…。思いつくところはすべて完了した感じです。

そしてとうとう大垣を出発。午後の新幹線の切符をゲット。名古屋乗り換えが面倒くさいので(!)、岐阜羽島に止まるひかりを選択。


20160329_4 20160329_5

時間がないながらも、岐阜羽島駅近くの喫茶店でお昼ごはん。
ケーキとかのメニューしか無いところだったので、御飯にありつけないかなと思ったら、「モーニングまだできますよ」だって。
ってことで410円でコーヒーとモーニングが昼食になりました。時間的にもピッタリで返って良かったです。

母親との会話で職場におみやげを買っていくべきか、という話題になりました。
皆さんどう思われますか?
旅行にいったわけでなく、忌引なので、そういう必要はないかなと。ただ同時に、仕事ではご迷惑をお掛けしました、という志があってもおかしくない。

ネットで見てみると、両方の意見があります。厳密には「おみやげ」ではなく、気持ちとして「お茶菓子」として、が良さそうです。
乗車までまだ5分以上あったので、お茶菓子ゲットしました。
新幹線の中では、爆睡…当然モードで。気づいたら新横浜でした。品川で下車して、総武線快速に乗り換え帰ってきました。

家についてからも、荷物を解く前にウトウト。疲れがあるんでしょうか。明日から大丈夫かな。まぁ、なんとかなるか(おいおい)。

ってことで明日から少々リハビリモードになります。いろいろやらないといけないこと満載なんでしょうね〜(ドキドキ)。
とにかく頑張ります。まわりに迷惑をお掛けしましたので。
とはいえ、この2週間…父親と最期までそばに居て、話ができましたし、亡くなってからの母親のサポートもちゃんと出来たので良かったです。心残りなし。

ではまた明日。早起きせんと(汗)。

ほぼほぼ完了、明日帰京するで〜

あい、月曜日ぃ〜でもまだ大垣ぃ〜の大垣人でございますぅ。
今日も慰問客が何人かいらっしゃいました。
大垣人が知らない故人の話…とっても興味深いです。

父親のことを別の方からお話伺うのは、こんなことにならないと本当に聞けないですからね。

葬儀屋さんから葬儀一式の請求書の説明も受けました。
説明していただいた課長さんはお客様サービスの方で、担当者とは別。
料金体系が説明と少し違っているようだったので確認をお願いする。

こういう点も母親ひとりで対応しておくよりは、一緒にいて確認できたので大正解。

時間を見計らって、母親と外出。まだ手続き関係が残っているので。岐大パイパスに出たところ、軽自動車横転の事故。確かにさっき大きな音が。
横転の音だったのね。それを横目に、まずはソフトバンク。
今日応対してくれたのは比較的落ち着いた年配の方。配慮もまずまず。

やっと解約完了。

そのままブックオフ&ハードオフへ。
母親からは使えなくなった携帯は廃棄という話だったのですが、機種を見る限りそれほど古くない。
いや、むしろ新しい。半年前のモデル。なので、買い取りしてもらいました。

ブックオフでは携帯とスマートフォン、
ハードオフではタブレット、をそれぞれ買い取ってもらう。

ブックオフでの成果は2万円強。
ハードオフでは5千円ほど。
合わせて3万円弱の現金化ということなりました。これには母親はびっくり。

人生初のブックオフ入店ってことだったですね。そうだよね、田舎の老人じゃ、そういうお店は利用しないわね。

でも多少お金が出来て良かった。この時期、いろいろ用入りしますからね。当たり前ですが。

昨日からお腹がパンパン…確実に”成長”してます。やばい。
明日午前には全て終えて、上京します。そろそろ帰らんとね。18日に大垣に来てから、12日間にも及んでますし。
ではまた明日。

お墓参りと焼き肉(しかも飛騨牛)

あい、まだまだバタバタしてます、の大垣人でございますぅ。
午前中は、この地方の人のルーティングである「モーニング」へ家族で。
父も常に行ってましたからね。

「ビリオン珈琲」という国道21号線にあるお店へ。
午前9時過ぎに到着。5人ってこともあり、すぐ座れるか心配でしたが、問題なし。
ここはゆでたまごとトーストかクロワッサンが選べるんですね。へぇ。

ってことでクロワッサンいただきました。

残りの午前はお寺へのお礼。四十九日法要はGW中となりました。GWの大半は実家で遺品の整理ですかね。
あ、マンション売却の手続きもそろそろしないといけないので、なんだかんだこれから忙しくなりそうです。
午後はまた全員でお墓参りモード。

車は垂井方面へ。母親の実家方面。
相川という川で鯉のぼりがたくさん流してあるということもあり、姪子が気にいるよねということで寄り道。


20160326_1

人出はまばらでしたけど、桜の木が川沿いにあるので、桜が満開だったらこれは楽しいかな。
姪子は鯉のぼり、分かったかな?

母親の実家のお墓参りへ。

そこへは20年ぶり位だろうか。高校生の頃以来。現在の無事を報告できました。お参り出来て良かった。
そしてお昼ごはんどうするってことから、養老にある焼肉街道の話が出て、そこへ車を走らせました。
ヨーローに、んなところあるんだ。

いろいろまわった挙句、「やきにく藤太(とうた)」へ到着。
順番待ちをしましたが、15分程度で席につけました。
ひさびさの焼き肉。しかも飛騨牛のお店です!


20160326_2

20160326_3 20160326_4

いやぁ、調子に乗って、いろいろと注文してしまいました。

20160326_5 20160326_6

兄からたくさん食べるようにという大号令のもと、これ以上食べられないほどの肉をいただきました。
タンにロース、カルビ…普段大垣人が食することが出来ない”特上”とか”超特上”とつくお肉が続きます。
しかも飛騨牛。いやぁ、これ以上の幸せないですね。

故人もそういう派手なことが好きでしたし、これも供養の一つですかね(おいおい)。

この後、大垣に戻って、父方のお墓へ全員でお参り。
こちらも久々。
大垣人の無事の報告とこれからの健康をお願いする。

このあとは実家へ。
お昼をしっかり食べたので、晩御飯は簡単に済ませるかと思いきや、兄の食欲は衰え知らず。
そのまま大量のトンカツ、メンチカツ、コロッケ…大垣人も負けじと(!)必至に(!)食べました。

いやぁ、喪に服している間に激太り的現象ってことになるのか。

葬儀までかなり不規則な生活に寝不足もあったところに、これじゃ、不健康一直線だなも。
まぁ大垣にいる間は仕方ないとしても、東京へ戻ったら軌道修正せんとね。
それにしても今日はガッツリ食べましたよ。

盆と正月が一度にきた感じ。
まさに家族で過ごす時間、というところですね。
では。

会葬御礼〜市役所〜社会保険事務所(年金事務所)

今日もちゃんと「あさが来た」見てます〜の大垣人でございますぅ。
姪子は可愛いのですが、終日一人で面倒見ることになったら大変だな〜、世の中のお母さんは偉大だな、と。
今朝は朝食を摂ったあと、早速年金事務所に電話。

父の年金番号を伝えたうえで、母親の遺族年金受給のための手続きに必要な書類について教えてもらった。
必要となるものがいっぱいあるのね。
教えられたものは以下の10点を準備してくるように、と:

父親に関する:
・年金証書(国から発行されている)
・死亡診断書コピー
・住民票の除票

母親に関する
・年金手帳(なければ番号)
・戸籍謄本
・世帯全員が記載された住民票
・非課税証明書(市役所の税務課で発行してもらう)
・年金の振込先となる銀行の通帳
・認印
・本人確認用に免許証

葬儀屋から別途、印鑑登録証の返却、葬祭費の申請(5万円支給される)、介護保険証返却など対応すべきリストをもらっていたので、
そこに、上記のうち市役所で発行等してもらうべきものを書き加える。これを母親に持たせる。

そうそう、出発前に、年金証書を探すのにすこし時間がかかりました。
父がどこに仕舞っていたのやら…と。
結果見つかって、安堵。ふぅ〜。

喪主である兄と母親は、会葬御礼にて何軒かまわったのち、市役所へ。
大垣人は父の携帯電話の契約のためにソフトバンクとauのお店をまわって手続き、その後市役所で合流。
そして3人で社会保険事務所(年金事務所)にいって手続き、という計画にしました。

大垣人はまずはソフトバンク。
契約者が亡くなって、という話をしたところ、ちょっと困惑した感じ。
おいおい、ご愁傷様です、って言ってくれてもいいんだけど、という感じ。

その後、auへ。
こちらにも同じことを伝えると、ご愁傷様ですとは伝えられないものの、対応における感じの良さは数倍上だ。
手続きも迅速。

2件片付けて、市役所へ向かっている最中に母親から電話。
市役所が全部終わったので社会保険事務所に向かうとのこと。合流先変更。
市役所では対応すべきことが多いにもかかわらず、空いていて、早く終えられたとのこと。それは良かった。

そして社会保険事務所。
記入書類の多さに兄も大垣人もびっくりしたんですけど、必要書類が事前にきちんと揃っていたこともあって、すんなり。
良かった。ここで一番時間がかかると踏んでいただけに、結果オーライ。

以後の母親が受け取る年金総額も教えていただき、これで母親も金銭的な心配事が一つ減ったのではないかな。
まずは良かった。

明日以降も、会葬御礼とお寺へのお礼、それ以外にもインターネット(光通信)や固定電話の解約などいろいろあります。
持っているスマホもまだ半年程度しか使ってないので、売却して多少なりとも家計の助けにしないといけないですしね。

遺品整理なんかは、このままで行くとゴールデンウィーク中になりそうです。
四十九日法要もその頃だし、いいタイミングかな。

プロ野球開幕しましたね。
ドラゴンズは初戦を見事に白星にして、好発進。
去年の最初は調子良かったんですよね。まぁ、期待し過ぎない程度に期待しますわ。

20160325_1

大垣の銘菓の一つ、つちやの「おゝ垣」。昔から金蝶園の饅頭と並んで親しみのある和菓子です。
そのくせに(!)、チョコレートとオレンジが人気1・2番手。和菓子らしく(ゆず白)小豆が一番でないところがご愛嬌。
美味しくいただきました。大垣人の最初のチョイスはオレンジ(マーマレード)。

今日もあっという間に1日が終わってしました。
巷では週末モードに突入ですね。
では。

葬儀〜火葬〜初七日法要

あい、無事に本日の行事が終わりました、の大垣人でございますぅ。
午後1時半から葬儀。
火葬は午後3時。骨上げは午後4時すぎ。初七日法要は午後5時から。

滞り無く、しめやかに行われました。

家族葬ということで、告知などは極限られた方へのお知らせでしたが、それでも多くの花を頂戴しました。
また、会葬していただける方もいらっしゃいました。
故人の希望により家族葬になりましたが、立派に見送ることができて良かったです。

20日に亡くなってから、ここまであっと言う間でした。疲れましたけど。

実家に戻ってきて、祭壇に飾られた遺影を見て、なんか本当に失くなった実感が湧いてきました。
葬儀屋さんから「葬儀の後が大変です。これからですので」というメッセージ。
亡くなったという知らせはこれからジワジワと広がるでしょうし、その対応もいろいろでてくるでしょう。

同時に、明日から母親の生活を整えるためにいろいろ手続きしないと。
まだ職場復帰まで時間が掛かりそうです。
今日から普通に寝られますので、まずはゆっくり休みます。

合掌。

通夜

あい、水曜日終了ぉ〜の大垣人でございますぅ。
金曜日の午前に仕事を終えてから、これで連休挟んで5日半仕事から離れてます。
もう仕事のこと、プロジェクトのこと忘れてきた(おいおい)。

実家・大垣での生活も慣れてきた。市内の運転も問題なし。
今日は斎場と実家の間を何度も往復。
国産車も思った以上に走るし、軽快だ。

午前8時に「あさが来た」をチェック。これも5日連続で見てるな。
NHKのドラマって、細かい演出を含め、非常に高品質なものを作っているんだね。
大阪制作とはいえ、なんでああも新喜劇からの出演者が多いんだ?友近も良いんだけどね。

斎場に作られた祭壇はなかなか華やかになった。
遺影の写真も良い具合におさまった。
なんとか形になったぞ、と。

夜6時に通夜がスタート。家族葬という扱いにしているので、参列者は家族・親戚のみ。
喪主(兄)が海外出張中ということで、通夜は喪主不在でスタート。


20160323_1

思った以上に早く済んだ。
あと、子供の頃以来の真宗大谷派のお経だったけど、意外と覚えているものだなと。なんとなくお経のことばがポンポンと出てきた。
姪子がお経始まると早々に寝ちゃってたな。疲れちゃったんでしょ。

お棺に納めるために、千代紙で鶴をおりました。こんなことするんですね。
ちなみに鶴を折るってのは何年ぶり?いや、何十年ぶりかな。
品質は怪しいながらも(!)、数十の鶴ができました。

あと色紙1枚にメッセージ。孫である姪子が絵を書いてました。これは父も喜ぶでしょ。
他にもお棺には「おじいちゃん」って書いた姪子が描いた似顔絵なんかも。

喪主である兄が午後10時に到着。明日の葬儀に間に合う。
まだまだバタバタしますが、慌てず落ち着いて進めていきます。
今夜は何日ぶりに実家で寝ます。明朝は早いんだっけ?

では。

100円回転寿司を考える

あい、なんか寝不足のようなそうでないような中途半端な状態の大垣人でございますぅ。
慣れてないところで寝ているからでしょうね。
あと時間も少々不規則。寝ている時間もそうですけど、食べる時間もかなり不規則。原因はこれか。

朝から仕事モード炸裂@それでも大垣。
関係者への報告と今週の動き方について調整。
午後1時には緊急でテレカン実施。プロジェクトメンバーの皆さんと細かいタスク調整。

これで随分と気持ちが楽になりました。とはいえ、仕事に影響ゼロという訳にはいかないのですけど、やむを得ません。

午後4時に中途半端な時間でのお昼ごはん。
選んだ場所は「スシロー」。スシロー大垣中野町店。
パンとかの軽食がメインになってきたところだったので、MoonFlower様とも「コメが食べたいよね」ということで寿司に決定。

東京であれば、ここで候補に上がってくるのは「すし銚子丸」とか。
スシローのみならず、無添くら寿司、かっぱ寿司なんてのは普段の突撃先には上がってこない。
まぁそうですよね、家族向けの回転寿司ですもんね。

ただ、今日の問題は1点。1点に尽きます。大垣人が大垣市内で良い回転寿司店を知らないということ。
流石に回転寿司ではなく、普通の鮨屋に行くほどでもないですし。
ってことで、スシロー。場所も21号線沿いにあるってことでアクセスも良いので。

時間も限られていたこともありますけれども。

最初にこのお店のウエイティングエリアがメチャメチャ広いのに驚かされます。20人や30人は待てるんじゃないかな。
さすが家族をターゲットするだけあるわ。
そして席に案内される。

パネルで注文。これにすでに慣れてないんです。
画面の構成とタッチパネルの反応するポイントがズレていて、「次」を押していると思っていても「注文」されてしまう。
何度も同じことが起きるので、MF様は速攻ギブアップ。大垣人もすこし手間取りましたが、なんとかキャッチアップ。

赤だしの味噌汁は味はそこそこ。というか久々に赤味噌だったな。なつかしい。

頼んだ寿司は結構速いペースで運ばれてくる。
あまりコンベアで流れていない時間ということもあり、今日はすべてパネル経由で注文した。
こういうサービスなんですよね〜。

皿が1つ、2つと運ばれてくる。ベルトコンベアで。当然、お店の人との接触は、席に案內されて以降ゼロ、だ。

マグロやイカ、いくらなど大垣人とMF様が好物にしているものを頼む。
味は意外と悪く無い。1枚100円とか言われると期待値が下がることもあり、納得感がその分上昇。
ただ、イケてないのは、見た目だ。プレゼン的には、ちょっとしょぼいってのが正直な感想。

ファミリー向けであるがゆえ、そこに注力されることはないことはよく分かる。
どうやって子供の気を引いて、集客し、お父さんお母さんの財布を傷めずにそこそこの味を出すか。
となると一番時間もお金もかけられないのは、皿であり、ネタの載せ方と言ったプレゼンテーション面になる。

よーく分かるんだけど、その分どうしても気になってしまう。

そしたら、MF様は新しい発想に早速打って出る。
MF様が頼んだものはこんな感じだ。
「蒸しほたてレモンバジル」、「牛塩カルビ」などだ。これ、全く寿司的ではなく、御飯的といったほうが正しい。

大垣人も1貫分けてもらって食してみたが、これが結構美味しい。寿司としてではなく、御飯としてだけど。よく考えられてる。

さすがMF様。良い着眼点で食事を楽しんでいた。参りました。
スシローとか1枚100円の回転寿司に行ったらこういう発想が必要ということだ。
逆に言うとこのお店に入る時のスタンスがこのように決まれば、安価でお腹をふくらませるということが容易になる。

なるほど。モノは考えようだ。いい勉強になりました。

にしても、食事の時間の中途半端さもあって、変な時間で眠いし、食事の時間には大抵満腹モードだったりしている。
このあたりの軌道修正は明日から考えていかないと。

午後にはプロジェクトのチャットで「大丈夫か?」「無事か?」なんてメッセージが飛んでました。
宛先は、ベルギーの同僚向け。
様子をうかがっていると、どうやらベルギーの空港でテロがあったって。

幸い、ほどなくその同僚自身と家族の無事が確認されました。良かった。にしても、コンサル業ゆえ、飛行機の移動は必須。
テロ発生時も空港からそれほど遠くないところに居たそうです。危なかった。
にしても、パリ、そしてベルギー。日本は全く関係ないところにいるようにも見えるけど、何があってもおかしくないよね。

姪子はやっと大垣人が誰なのか認知できるようになってきたみたい。
大垣人より、MF様と仲良くしてるけど(笑)。
あ〜眠いわ。

では。

費用の不明瞭さ

寝不足ですぅ〜の大垣人でございますぅ。
線香とろうそくの灯を守る役なので、多少は眠っているものの、気が気でなく落ち着いて寝てないという状況です。
Move UPでは深い眠りのデータが出ているのはなんでだろ?(苦笑)

葬儀屋さんと諸費用について打合せ。

正直、葬儀一式の費用って全然イメージがわかない。
少なくとも100万円は下らない、ということだけはハッキリしていたくらい。
そもそも、納棺〜通夜〜葬儀〜火葬〜初七日法要までの流れで、

・何を準備するのか
・どういう選択肢があるのか
・相場はどれくらいなのか

といったアイデアがこちらにはない。
葬儀屋さんから「これくらいかと思います」と言われてしまえば、「はいそうですか」としかならない。
そしてもう一つ。すでに病院の安置所で特定の葬儀屋に連絡している時点で、他の葬儀屋と比較することは出来ない。

なかなか消費者に分かりづらい、ブラックボックス化されているところだ。

とはいえ、事前に選んでおくというのは、「死がいつか」ということが分かっているような、少々不謹慎なことになる。
あと、幾つかの業者のHPを見たが、説明不足で詳しく知らない消費者にとっては難解だ。
HPで全体感を網羅した構成になっているとはいい難いのだ。いや、そうなっていない。

なので、総コストをつかむのが非常に難しい。
少し意地悪な言い方をすれば、葬儀屋の良いように吹っ掛けることができるのだ。
そしてその言葉には、「故人もそうしてもらえるとお喜びになると思いますよ」だ。

大垣人は、今接触している業者を避難しているわけでなく、むしろそういう構造になっているのが問題だと思ってる。
(今の業者さんは最高!と思うわけでもない代わりに、そこそこキチンとやってくれているのかなと)

一生に何度もない、という観点でいえば、結婚式も同じようなことがいえるが、時間的制約が違う。
ウエディングは事前準備が十分できる。業者比較も容易だ。
葬儀だけはそうはいかない。「死」から数時間内ですべてが決まる。

かなり興味深い業界。

あぁ、連休はこれで終わりですか。
こんな状態ですので大垣人が東京に戻るのはちょっと先になりますけど。
では。

がん告知から9ヶ月、父逝く 享年75歳

今夜は父親に付き添ってます、の大垣人でございますぅ。

とはいえ、もう何も言葉を発しません。憎まれ口もないです。静かなもんです。
今朝、大垣市民病院から電話があり、「呼吸が弱い」という連絡が一度入る。午前7時過ぎのことかな。
電話の内容としては、個室に移したいということで母親はもちろんその旨お願いした。

お昼くらいに病院に行くつもりだったところだが、そんなことなので慌てて準備。

すると2度目の電話が入る。今度は呼吸が弱いだけでなく、心臓の動きも弱い。病院に来るまで何分かかるか、という話だった。
慌てて大垣市民病院へ。母親は心配だろうから、大垣人が運転して病院へ行きました。
午前8時30分くらいに病室到着。すでに面談室に移されていた。

まだ酸素マスクや投与されている薬剤なんかはそのまま。ただ、看護婦さんからは、心臓は停まっているようだと伝えられる。
何度か話しかけてみるが、反応はない。
そうこうするうちに、当直の医師がきて、脈などを確認。大垣人父が亡くなったことを知らされる。驚きはしなかった。手術するころから覚悟してたし。

2016年3月20日(日)午前8時55分、大垣人父 74歳にて永眠。

膵癌宣告を受けてから9ヶ月だった。抗癌剤投与して、年末に5時間を超える大手術。そして今日、74年と9ヶ月の人生の幕を閉じました。
この9ヶ月は、本当に辛い時期だったと思います。「早く楽になりたい」「もう抗癌剤は勘弁して欲しい」を時折口にしていました。
掛け値なしの、本当の気持だったと思います。

自分の誕生日(6月)まで頑張れれば、と思っていたのですが…。

再入院は1周間と1日前の3月13日。15年前の2001年のこの日、父か経営していた会社が倒産した日でもある。運命なんだろうか。
こんな悲しい気持ちだから、勝手に都合よくデータをひも付けているんだろうか。わからない。でもなにかそんなことを思わせる。
1時間しないうちに葬儀屋の担当がきて、大垣市民病院から引き取られた。

自宅には戻らず、葬儀場へ。自宅とは借家であり、大垣人自身も両親の自宅という感じはないのが本当のところ。
借家は手狭でもあり、家族が全員揃って父を見守るという程のスペースはないので、仕方ない。
また同時に母親が心配。お線香とろうそくの灯を本葬まで守るのだが、決して体調が良くないので、無理はさせられない。

そういう意味でも、自宅でなく、葬儀場を選んだほうが良いと思い、母親に同意した。

自宅…は15年前に失った家が今でも大垣人にとっての”実家”であり”自宅”だと思ってる。今でもそう思ってる。
そこで育ったんだし、それが大垣にあるすべての記憶であり、思い出、だ。この15年の借家住まいっていろいろ不自由だっただろう。
葬儀場は昔あった会社の近くであり、そのほうが大垣人父も落ち着けるのではないかなと思う。

お昼前には、義姉と姪子が東京から到着。
午後1時30分には、湯灌が始まり身支度をして、納棺された。
昨日まで饒舌にしていた姿からすると、メチャクチャ手際が良すぎる。寂しくなるほど、速いスピードだ。普通なことだけど。

MoonFlower様はお彼岸でお墓参りに行ってたところへ連絡。
大垣人の喪服も含めて用意をお願いする。大垣入りは明日に。

納棺が済んでからはペースダウン。姪子がびっくりするほどエネルギッシュで、大きな声で騒いでた。
そのおかげもあって、母親もすこし気が紛れたんじゃないかな。あまりいろいろ考えられるどころの騒ぎじゃないので。
夜も無理させられないので、家に帰って休むようにお願いした。

お線香とろうそくは大垣人が面倒見ることに。近くにセブンイレブンもあり、車はないものの、特に不自由はないでしょ。
とりあえず、会社のPCも個人のPCも持ってきたし、不自由はない。部屋にテレビもあるし。
あ、会社へ報告しないといけないな。葬儀が終わるまでは大垣にいるわけだし、忌引だ。プロジェクトにも迷惑をかけるが致し方ない。

ご迷惑をお掛けします。

いろいろな意味で普通人ではなかった。でも最期には父が普段絶対に口にしない「ありがとう」「迷惑かけたな」という言葉ばかりが続いた。
最期は素直でとても良い父になっていた。すごい勢いで辻褄があっていくような感じがした。そういう意味では本当にいろいろあった。
大垣人は次男なので、そういった家族の苦労という面でのインパクトは最も少ないとは思うけど、それでも反発する自分が居たのも事実。反面教師的に。

MBAにいったのが一番そのピークだったな。経済的にも自立した時期でもあり、アメリカに行く、大学院に行くというようなことを明確に伝えてなかった気がする。
状況が状況だっただけに余計な心配を掛けたくないことと、大垣人なりの諸々の配慮があったわけだけど。
その逆に、4年制大学留学には父の後押しがあった。資金面も、上京して私立大学に通うのとトントンかな、と言いながら大学もだしてもらった。

家族としては、浮き沈みがいろいろあったな、本当に。

12日に家族4人揃って、今となっては最期の話が出来たのは本当に良かった。そうなるだろうとは思ってたけど。
大垣人も東京に住んでいることも合って、次はどうなるかわからないし。
今週末も金曜日に大垣に戻ってきて良かった。話もいっぱいできたし。大垣人の親孝行ってこんなレベルでしかないけど。

74歳か、平均年齢からするとちょっと早いぞ。でも人生いろいろあったもんな。疲れたやろ。
闘病で痛いとかだるいとか、この9ヶ月間本当に大変だっただろうから、天国でまずはゆっくりしてくださいな。
母親はちゃんとケアしていくからね。

では。

お見舞いに行って、それからイオンタウン大垣へ

あい、大垣での連休最初の晩はガッツリ寝ましたぁ〜の大垣人でございますぅ。
ここんところ、週末でも移動だとかいろいろあって、基本早起きでしたからね。
今日は遅めのスタートとさせていただきました。

って、ただ実家でぐうたらモードに入っただけなんですけどね<バキッ。

朝昼兼用の食事で、食パンにコーヒー。これで十分。
車での移動で歩数も稼げることなく、消費カロリーにも限界があるだろし。
お昼すぎに早速市民病院。完全に通院モードですな。

病室に到着すると、父親はすこし寝ていたのか、大垣人が入ってきたのに少し遅れて気づきました。
それからはいつもの饒舌モードでしたけど。
饒舌といっても当然病人の、という注釈付きです。言葉はゆっくりだし、声にもハリはないので。

でも、あれだけ身体が弱っているところを見ていますので、話だけでもしっかりしてくれていると嬉しいのです。

一言ひとことに返事して。今できることって、そんなことくらいしかできないのですし。
あとは母親がサポートして、食事。もう自分では食べられず、口まで運んでもらって咀嚼するのみ。
大きいものでイチゴ1つ。あとはスプーンで。柔らかい物中心で。

人間が、大きくて硬いものを口にして、咀嚼して、飲み込んで、消化する、とは凄いエネルギーが必要となるんですよね。

右腕ひとつ、さっと上がらない状態を見ると、人間の筋肉というものも毎日使っていることで鍛えられてるんだな、と。
人間の身体はもちろんまだまだ科学的に証明されてないことも多いようですけど、本当に良くできているんだと思います。
人間を創造した神様はもっと凄いですけど。

あい、本日の1本のご紹介。
というか、今回のこの連休で実家に持ち込んだのは3本です。
昨日していたロイヤルオーク、そして先週末の帰省にしていたサントス100、そしてマニュアーレ。


20160319_1 20160319_2

今日はマニュアーレを選んで纏っていました。Gaga Milanoです。久々にしたかもな〜。
ガガの主張あるフェースはつけていても心地いいものです。久々の使用に際してネジも巻いてあげないとね(注:手巻き時計です)。
ね、一つだけ差している時間がトンチンカンでしょ。

セーターとか着る時に竜頭がちょっとひっかかるのものご愛嬌(笑)。

今日の大垣は本当に春の陽気。気温も20度を超えてたと思います。名古屋では桜の開花宣言がされたとか。
革ベルトじゃ、汗ばむ陽気のなか、すこし厄介な感じもしますが、まだ大丈夫です。
昨夏同様、ラバーベルトに交換するのはゴールデンウィーク前後でしょうか。

昨年はいつ交換したんだっけ?
あ、ラバーバンドを入手したのが8月までずれ込んだんでした。
今年の夏が本格的なラバーバンドの使用ってことになりまふ。

色違いのラバーバンドもゲットしちゃう?(おいおい)

ってことで、話は戻ってと。
大垣市民病院をあとにして、向かった先はイオンタウン大垣。大垣人の運転で。
国産車。コンパクトセダンですけど、メチャクチャ運転しやすいですね。まるでおもちゃみたいだ。

それでもちょっとアクセルを踏み込んでみると、ササッと時速80キロくらいまでは楽に吹き上がる。優秀。
ボディーやフォルムは野暮ったいですけど、パフォーマンスは十分ですな。
ってことで、大垣市南頬町から三塚町へ。

イオンタウン大垣で食料品の買い物。
いやぁ、久々にここに来ました。旧「ジャスコ大垣店」ですな。子供の頃、本当にお世話になりました。
ここはいつもツルタマ(鶴見のタマコシ)の後塵を拝してたんですけど、今も賑わいはイマイチのようでした。

確かに車はかなりの数が駐車されているのですが、ショッピングモールやマックスバリュには人が少ない。
ここ、事業継続できるのか?と考えさせられるほどです。連休初日。休みの日とは感じられないほどまばらな人出。
大半はコロナワールドにある映画館とパチンコ、そしてボーリングのお客なのか。

あと温泉もあるんだよな。

イオンとしてはこういう施設は賃料で儲けるビジネスモデルにならざる得ない。
大垣には、イオンモール大垣という別のイオン施設があってカンニバル状態でもあるよな〜。車で20分も違わないし。
イオンタウン大垣は大丈夫かいな。

そんなどうでもいいこと、大垣市民でもない大垣人がいろいろと考えさせられました。

ってことで、連休初日終了ぉ。終わり。今日もゆっくり寝させていただきます。
ではまた。

またまた帰省ぃ〜、お見舞いへ

あい、金曜日ぃ〜の大垣人でございますぅ。
皆様より一足お先に連休モードに突入いたしました。
そのようにさせていただいているのは、家族の関係により。

とはいえ、今日は丸1日お休み、ということにはなりませんでした。
クライアント様からの要請により会議に出席しないといけなかったので。あ、墓穴を掘った話しましたね。
まだ始まっていないプロジェクトながら、準備検討の会議に出席してきました。

本部長に、部長、課長、そしてあと2名(名刺頂かず不明)と計5名相手に大垣人から説明。
会議は予想通り1時間で終わってくれたので良かったのですが、
予想外のインプットを色々いただいた。良いニュースもそうでないニュースも。これが現実やわな(笑)。

そして品川駅から新幹線に飛び乗りました。
今日は名古屋駅で乗り換えではなく、ひかりに乗って、岐阜羽島まで。
お昼ごはんはミックスサンドをコーヒーと。あとは(やっぱり)うたた寝しちゃいました。

グリーン席の車輌に、コメンテーターの金美齢氏を見かけました。上品な方ですね。
大垣人はグリーン席に座ってないですけどね(それは無理)。


20160318_1

東京のほうが温かいな、と思ったのが岐阜羽島駅のプラットフォームに降りた瞬間の感想。
東京は晴れていましたしね。岐阜は曇り空。しかも途中から雨降ってきたし。
ちなみに帰省は、仕事もあったので、スーツで。


20160318_2 20160318_3

まぁ父親にもスーツの姿を見せられることも殆ど無いので、それも良いかなと。
ネクタイに関しては、やっと初登場のエトロ。昨年12月に買ったのに、今日までチャンスがありませんでしたわ。
そしてやっぱロイヤルオーク。大垣人が今できる、一番の姿というところですかね。

ちゃんとチーフも入れていきましたよ。

大垣あたりじゃ、目立ちますわ(!)。
そのままの足で大垣市民病院に行ったわけですが、んなビシっとしたカッコしている人いませんて。
まぁ病院だし。しかも田舎の病院だし。

ってことで、目立つどころかむしろ浮いてたかのようです。まぁ、それもいいでしょ。

見舞った父親は、先週の入院前より顔色やツヤは格段に良くなっていました。病院のケアのお陰でしょう。
意識もはっきりしていて、会話は問題なくできます。
ただ、体の怠さや痛みは相変わらずのようで、弱音を吐くことが度々ありました。

食欲も決してあるというわけでもないのでまだまだ不安定な状態です。

とりあえずこの連休は大垣で過ごします。
MoonFlower様も、お彼岸のお墓まりを終えてから、大垣入りする予定。
連休なので、帰りの新幹線の上りチケットは苦労しましたが、とりあえず押さえました。

連休は実家。父親を見舞うだけになりますが、これだけが唯一できることでもあるので、仕方ないですね。
何人かの方からメールを頂きました。「忙しい中、ずっと実家に帰って大変ね」とお気遣いの言葉。
ありがとうございます。大垣人は大丈夫ですので。

今日お休みいただいたプロジェクトの方はメンバーから逐次連絡もらって、とても平和に過ごしたとのこと。
大垣人が居ないほうがむしろ平和?ってことで、まぁ今日のところは良いでしょう(笑)。
来週もいろいろ対応することが目白押しになりますが、今日の分を早々に取りかえさんとね。

では。

大垣市民病院へ再入院

夕方になって、市民病院に行くことに。
久々にベッドから出て、大垣人と母親に支えられて、数メートル先の玄関まできたところで座り込んでしまいました。
身体のあちこちが痛くで動かないと。これ以上、ムリはさせられないかなということで、救急車をお願いしました。

大垣市内の救急車、早く到着するのね。東京は20分とかですよね。たしか。
ものの5分で到着。その間、父親が座り込んだ状態を保てるように、大垣人がずっと身体を支えてました。
救急隊員からの質問が家族にあり、そして本人に話しかける。

救急隊員の一人は、”皆さんと患者さんのご関係は”という質問を投げかけたいんでしょうけど、
「息子さんと娘さんですか」って。
いえいえ、「母親…妻と息子二人ですけど」って。本当にそう見えたら…ちょっとやばくない?(笑)

父親は、それまでハッキリ話ができていたのに、救急車が来て少し安心したのかな。
話しかけられているのに、力が抜けて、言葉も急に少なくなってしまいました。
とはいえ、本人確認して、救急車へ。母親が同乗して市民病院へ緊急搬送。

意識はハッキリしているので、普通に行くかな、と思ったら、サイレン鳴らして移動してきました。
兄と大垣人は車で追いかけました。
それから午後11時までずっと大垣市民病院。検査等があって、入院手続きも取られました。

2月1日に退院して以来の再入院です。更に精密検査をしてもらえるということです。
病棟は前回と同じところということもあり、病室でケアしていただいている看護部さんに「また会えましたな」と。
元気やん。すこしホッとさせてくれました。毒舌は身体が不自由でも健在。こうでなくっちゃ。

とはいえ、相当弱っているのも事実で、病院の十分なケアを受けながら、すこしリラックスしてくれると良いのですけど。
同時に、「これは介護認定もの。大変だったでしょ」と言われるほどのケアを施してきた母親がすこし休めるのも大事。
もう少し早く病院に連れて行く判断ができていれば良かったのですが…。

大垣人と母親は途中でさっと食事を摂れたのですが、兄がまだだったので、深夜のファミレスモード。
晩御飯食べて、一旦実家に帰り、そして日付が変わった午前零時すぎに兄の車で東京に向けて出発。
二人共、東京で仕事ありますからね〜。

20160313_1

ワンボックスカーでの走行ですが、通常5時間かかる大垣〜東京の道のりを大幅短縮。結局午前4時に大垣人のマンションに到着。
途中でコンビニ、トイレ、ガススタで補給と寄り道を3回行っているので、実質3時間半くらいのドライブでしょうか。
どんだけ速い?ちなみに大垣人は運転せず、後部座席(といってもファーストクラス仕様みたいな贅沢なチェア)に座ってました。

一時ウトウトしてましたけど、大半は目が冷めてましたっけ。すんごい爆走でもあったので。
にしても、こういう車の居住性ってメチャメチャ良いのね。大画面のテレビもあって、至れり尽くせり。
エクゼクティブや芸能人の移動にこうした車が使われるわけがよく分かります。コンサル仕事もできそうだもん(笑)。

にしても、疲れました。ほぼ徹夜モード。
ドイツに出張した以降、バタバタが続いてますけど、ここは踏ん張りどころなので頑張ります。
再入院して状況が良くなることを祈ってます。

では。

急遽大垣へ、家族会議

あぃ〜、大垣に帰省中ぅ〜の大垣人でございますぅ。
昨晩、実家から連絡が入り、緊急招集がありました。すい臓ガンを患っている父親から話があるということで。
午前は家の整理をして、お昼過ぎの新幹線に乗りました。


20160312_1

まさか、浜松あたりで足止め食らうとは思いませんでした。母親に3時かな、って伝えていた到着時間は4時過ぎに。
どうも架線に何か引っかかった関係で、JRは名古屋周辺で混乱。近鉄線への振替輸送までやってる始末。
ありゃま。

名古屋駅で新幹線を降りて、東海道線に。1時間遅れ(!)で入ってきた快速電車に乗って大垣へ。

結局土曜日の大半は移動になっちゃいました。
そして床に伏している父親のもとへ。思った以上弱っていて、完全に寝たきり状態。
でも意識はしっかりしており、聞き取りづらいことはあるものの、普通に会話ができる。

でも寝たきり、という状態。手術は大成功で、腫瘍は取り切ったということなので、あとは気持ち次第でリハビリ頑張れば、という感じ。
とはいえ、本人は身体が動かせないという。母親に聞くと、3月上旬からこういう状態だと。

それにしても多くの話をしてくれました。褒めることなどまったくなかった父親ですが、「いろいろ迷惑をかけたけど、(大垣人は)よく頑張ってきた」と。
「何もしてやれなかった。申し訳なかった」と。
そんなことはない…。留学にも出してもらいましたし、ご破算にしてしまいましたけど(!)、大手企業への就職話もまとめようとしてくれました。

今こうして、五体満足に、人並み(場合によってはそれ以上)の生活が送らせてもらえるようになったのも、こうした土台があってのこと。
自分一人でできたことなんて、当然ですが、ほとんどありません。すべて、両親のお陰です。周りの人のお陰の積み重ねです。
留学したい、という大垣人の希望を叶えるために、大垣市内で留学をさせている家族をいくつも訪ねて、話を聞かせて貰いにいきました。

かなり毒舌で、かなりマイペース。でも珍しいことにかなり執着もしたりして、「変人」というのが本当にしっくり来るような、そんな人。
本当に風変わりな人です。でもこうして身体が弱って、優しい言葉を連発されると寂しく感じます。あの強気はどこへいったんだろうと。

大垣人の兄も夜になって到着。これで家族4人が揃いました。大垣人が実兄と再会するのは久々なので、4人揃ったのはいつぶりかというほど。
こうして家族が揃ったことに気を良くして、父の口数がどんどん増えていきます。
そして大事な話もありました。

お墓の話。仏壇と神棚の話。兄へどう引き継ぐか、確認されました。
葬式の話。父の姉弟ら親族との付き合いがよく分からない状態でしたが、これについても現在どうなっているのかきちんとした話がありました。
まだ頑張れる、と思っている反面、家族全員が揃ったところでこういう話があったのは良かったなと思います。

本人の口から大事なことを直接、家族全員で一緒に聞けたわけですから。
「これが最期かも」というフレーズが時折挟み込んでましたっけ。
「最後に一人で歩けたのはいつだっけ?」って会話の中での質問に「最後(最期)って嫌らしい言葉やな」と逆手にとったジョークまで発してました。

必要な話が済んでも、喋るペースが衰えることはなく、昔話に花が咲きました。幾つかの話ではなく、本当に多くの話に花が咲きました。
大垣人がジャスコの駐車場で転んで、後頭部を強打した時には、本当に心配した話やら、
兄が甲子園に出場するのがどれほど大変だったことなのに頑張り通したことやら、本当に多くの昔話がでてきました。

後頭部強打の話は、全く忘れていたアクシデントでした。小学校の頃のことかな。言われて、そういえば学校休んで市民病院でレントゲン撮ったな〜。

色んな話をしたあと、体調がよくならない原因が不明であるゆえ、明日一度病院に行こう、ということになりました。
医師に診てもらって、必要な手が打つことができればと思います。

ちなみに父の話の合間に「ブログもたまに読んでたんだよ」と言われましたっけ。まぁそうかなと思っていましたけど(笑)。
少しでも元気が取り戻せると良いんですけどね。そう願ってます。
まだ74歳。平均年齢にも届いてない。まだ頑張れる。大手術を乗り越えて命を拾ったんだし、頑張らんと。

涙も出たりしますが、明るくサポートしていきます。出来る限り過ごす時間も確保したいですね。
では。

大垣・西濃エリアでの初詣

あ〜連休ぅ〜お〜わぁ〜りぃ〜の大垣人でございますぅ。
終わっちゃったね、連休。
もうこれで正月モードも完全に終わり。ジ・エンド。また来年までお預けでございます。

その正月気分を感じさせてくれるところ3箇所にお邪魔してきました。
大垣を含む西濃地方での初詣といったらこれらの場所です。
大垣人がこれらの場所を訪れるのは何年ぶり…何十年ぶりかもしれません。留学する前の話から。懐かしい。


20160111_1

まずはおちょぼさんで知られる千代保稲荷神社。

20160111_2

すんごい人出でしたね。場所が狭いのもあるけど。
ちゃんとローソクとお揚げを50円で買って供えてきました。
仕事が上手くいきますように〜っと。家族みんな安全で健康でいられますように〜っと。

20160111_3

串かつが有名。3本ほどいただいてきました。
1本90円。
小腹にちょうどいいっす。またキャベツが合うんです。


20160111_4

次は大垣市の中心にある大垣天満宮。通称八幡さんですね。
こちらは人がまばら。
ここでやっとくじを引いてみました。


20160111_5

「中吉」!昨年が「小吉」だったので1ランクアップですね。
そうか、「何事も運にまかせ、思い煩うな」ですか。
はい、そうします(爆)。

そして最後はなんぐうさんと読んでいる南宮大社。
駐車まで少し時間がかかりましたかね。


20160111_6

でも広い敷地ということもあり、人の数は少なく感じます。
あと駐車場から境内がめちゃくちゃ近いこともあり、人の流れが早いんですな。
本日3回目の神頼み。

特別なことはお願いしていません。毎度同じことばかり。
悩みが無いってことですかね。幸せです。


20160111_7

天下分目難関突破だって。
何かあったらお願いに来ようかな。

もちろん本日も大垣市民病院にお見舞いに行って来ましたよ。
とはいえ、長居できるわけでもないので本当に様子見的です。
そして岐阜羽島駅から帰京。

連休最終日だからですね、新幹線混んでました。もっと早く切符取っておけば良かったです。
直近ののぞみで指定席が取れず。結局1時間待って、名古屋のりかえにしました。
それでもMF様と別々の席になりました。

ま、お互い爆睡しちゃうのでどこに座っても同じなんですけどね〜(笑)。

ではまた1週間頑張ってまいりましょう。

大垣市民病院へお見舞い

あい、大垣に戻ってきたで〜の大垣人でございますぅ。
2016年になって初めての里帰り。帰省してます。
午前1010分ののぞみに乗車。午後12時過ぎにJR大垣駅に到着しました。

20160110_1

名古屋駅からは東海道線に乗り換え。
新快速の大垣行きに乗車しましたよん。

そして向かったのは大垣市民病院。
はい、実父のお見舞いにやって来ました。
年末の大手術、ICUを経て、現在は一般病棟で入院。

20160110_2

あ、ちなみにこの写り込んだおじさんは知らない人です<バキッ。

2時間ほど見舞ってきました。MoonFlower様と。
実は今朝家を出た直後、駅に向かって歩いている時に実父より電話をもらいました。
何なのか、全然予想つかなかったのですが、電話で話してみると…

崎陽軒のシュウマイが食べたいので、買えるなら買ってきて欲しい、ってことでした。

全く予想しないリクエストではあったものの、同時にこりゃ予想以上に元気だな、と。
年末に5時間の大手術を経て、退院は当面先と聞いていたので、ちょっとホッとしました。

シュウマイ…本当は食べちゃいけないんでしょうけど、ナースの目を盗んで(!)2個だけ口にしてました。
良かった良かった。
とりあえず良かった。


20160110_3

とにかく明るい安村のギャグもここまで市民権が得られているとは、驚きました。
「安心してください。履いてますよ」が、
「安心してください。洗っ手ますよ」だって。

大垣市民病院の施設課の検印が押されてるけど、どんな気持ちだったんでしょ。

ってことで今夜は実家で1泊します。
手術以後、経過が順調でなにより。
では。